グラブル ベルセルク取得延期

毎日コツコツジョブ証を交換して昨日ようやくニルヴァーナ光の強化準備が整いました。

ニル光準備完了
これでようやくベルセルクを取れる!
と思って決定ボタンをぽちる寸前、本当に光で良いのか?という思いが。

スポンサーリンク

ということで慌てて作る前にもう一度考えを整理してみることにしました。

Q1:なぜ光を作ろうと思いましたか
A1:プロバハHLに参戦するためです

Q2:まだ参戦できませんか
Q3:もう終わりました
プロバハHL称号完了
紫角率:23/30 77%

Q3:ニルヴァーナが無いと参戦できませんか
A3:すでにパスタでしか参戦してません

Q4:他にニルヴァーナが必須の戦闘はありますか
A4:特にありません

Q5:今後もう1本ニルヴァーナを作るとしたら光と他属性どっちが楽ですか
A5:光です

結論:やっぱり光をわざわざ作るのはもったいない

光なら銀天が必要なところまで鍛えなくてもSSRにすれば一番重要な自動復活はできますし、リビルドにすれば奥義倍率も上がるらしい。
ショップ交換でレプリカはまだ交換できますし後で必要になればわりと簡単に作れます。
光なら前回の古戦場で取った五神杖を真にして使っても性能としてはなかなかですし。

さらにプロバハHLのためにニルヴァーナを光にした人は多いでしょうし、正直光ニルビショは飽和状態。
今さら私が光で作ったところで入る枠も無いでしょう。

ということでベルセルク延期となってしまうのは残念ですがここはやはり計画の練り直しが必要です。
光にしないならどの属性を作るか。

火:ナタク、RQともに自動復活なんて必要ない
風:メドゥ行かないのでビショップ使う場面が無い
水:フラム行かないのでビショップ使う場面が無い
土:使わない

考えるまでも無く選択肢が闇しかありませんでした。

まあ闇なら現状ビショップで時間かけて倒しているシュヴァマグ戦ですぐに活躍できますし、サプチケでヴァンピィも取りましたし、次の十天はシスを取ろうかと考えていますしちょうど良いです。
シュヴァマグは現在光の剣対策でザザを入れて戦っていますがセージも取れれば光の剣は主人公にかばうで受けさせて自動復活で生き返ればいいので楽になるはず。
いつかきっとグランデHLで闇ニルが必要とされる日も来るでしょうしね。

ということで闇ニルヴァーナを作るための素材を確認すると
闇ニルに変更
闇玉はすぐに稼げるとしても、ディアボロス素材は討滅のローテが回ってくるまでお預け。
次のディアボロスは27日から。
ベルセルク取得は来週水曜日、古戦場の真っ只中ということになってしまいました。


おまけ
ついに世界の敵になりました
世界の敵
いつかまた銀天が要求されることがあった時のためにマグナアニマだけできるだけ稼いでおきたいと思って参戦しつづけてきましたが、半額期間が終わったころからドロップ率が急激に悪くなったような気がします。
マグナアニマどれか1つ確定くらいあっても罰は当たらないくらい銀天集め厳しいのにこの確率で集めるのは地獄ですね。

スポンサーリンク

2016.04.18 | Comments(4) | グランブルーファンタジー

今週の人気記事
コメント
  1. こんにちは。
    自分も最初はニルヴァーナの属性変更をHLバハ参戦を想定して光で良いかなと思い素材集めを進めていたところで日記を拝見したので初コメ。
    やはり闇に変更して、光が必要であれば新たに1本用意する方向で決まりました。
    HLバハクラスの光ボス追加もありそうですし。
    ありがとうございました(笑)




    2016-04-18 月 16:57:28 | URL |

  2. 複数作ろうと思ったら銀天もきついですが、微課金程度だと武器エレメントも要求数が多すぎるんですよね。

    英雄武器の属性変更も古戦場武器程度の難易度に下げてくれたらもっと色々試せるのにと思います。

    2016-04-18 月 17:34:54 | URL | わっくん

  3. やっぱり闇ですかぁ
    デスヨネー

    逆に一番作られなさそーな色を目指してみよっかなぁ
    でもウチの編成だと選択肢は土…か
    完成するまでかなり先ですけどねw

    2016-04-20 水 02:06:03 | URL | maryanne #mQop/nM.[ 編集]

  4. 土は今は一番出番がありませんが、いつかきっと輝く時が来るはず。
    その時がくれば希少な土ニルヴァーナ持ちはきっと重宝される、かもしれない?

    2016-04-20 水 08:09:34 | URL | わっくん

コメントの投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する