3+4鯖 5期まとめ

来月にはPSVITAで限界凸騎、その次には閃乱カグラと期待のソフトが控えていて、さらに戦争が終わると一気に過疎化する茶室。
このままではレベリング期間を最後まで生きている自信が無いのでここまでの激動の2ヶ月間を振り返って。

幼女スタート
そもそも役職を引き受けるつもりはありませんでした。
が、役職を決めている頃はまだ決定しているメンバーが30人未満程度の頃でしかもあまり知らない人ばかり。
ってことで他に人もいないので仕方なく補佐なら、と引き受けたのが運の尽き。
前期幼女補佐の久坂はまじで何も仕事してなかったから私もそのつもりだったんだ…

銀龍界とのデッキ戦回避
保護明けすぐくらいに高まった銀龍界との緊張状態。
ただこの時点ではどちらも先に遠征を終わらせたいという同盟内の要求も高かったことから、仲秋等の仲介で10月31日までの停戦協定を結ぶことに。
いまだに後の銀龍戦で仲介役の仲秋が出てきたことはおかしいなどと言われているけれど、このときの調停はあくまで31日までの話で本格的な開戦後にはもう関係無かったはず。
ちなみにここで開戦していたとしても私の即死は回避不可能だっただろう。

スポンサーリンク

銀龍会戦
メイン鯖での初のガチ戦争。
2期の大戦には一応参加はしたものの本拠地が安全なところにあったので気楽なドリラーくらいしかしてませんでしたからね。
トイレに行くときはsmkに気をつけろ
援軍と殲滅を間違えるな

大切なことをいくつも学びました。
ってことでここで2chで最大の批判を浴びている仲秋介入事件。
実際にどういう話があって仲秋が出てくることになったのかはぶっちゃけ補佐の私も全く知りませんでした。
が、この時点ではすでに大勢は決していて、もういつ銀龍会盟主攻略に入ってもおかしくないタイミングだったので、分解再編による長期化、泥沼化を防ぐ決め手としては悪くなかったと思っています。
大同盟に分解再編されるとどれだけ萎えるというか、戦意を削がれるかは前期で経験済みだったので。

戦後処理
銀龍会の人を引き上げたことで談合談合と2chが荒れましたw
が、まだ戦うべき大同盟がいくつも残っている中で、銀龍会の人を誰も引き上げずに他の同盟に丸ごと救出されるというリスクを考えれば当然ともいえる選択だったと思います。
そしてこれまた勘違いされている人が多いようですが、幼女は銀龍会戦終了したその日の会議で褌、仲秋への戦意をはっきりと伝えていました。
強大な敵と戦うときには一時的に手を組んでもその後それぞれ分かれて覇権を争うとかちゃんと三国志っぽくていいじゃない。

冥府戦
布告後即降伏されて終わってしまったわけですが、冥府に対しては明らかに攻めるための足場を数週間前から準備。
近くに戦争用の拠点を建てたり、あからさまに見え見えの状態での布告だったので、前期までの繋がりの強さから確実にここで仲秋が出てくると思って作戦を立てていました。
さらにはすでに褌まで共闘の話が行っててもおかしくないと思っていただけに結構意外な展開でした。

それなら最初から同時に布告すればいいなどと言う人もいますが、私の考えとしては、攻めてくるのが明らかな相手に自分たち単体で勝ち目が無いと思ったなら対抗するために連合を組んだりなど準備をするのは自分たちでやるべきことだと思っています。
それを襲う側が複数同時に布告して、「さあ連合組め」などというのは逆にちょっとどうかと。

褌戦
冥府に即日降伏されたため、急遽翌日開戦することに。
足場もどんどん取って開戦時間も前日の冥府戦と同じに設定したからか、盟主の援軍や本拠地周りの8マス再取得バリアの設定が完璧でした。
まあ戦争については前に書いたので。

で、この時にちょっと茶室で提案もあった前日布告。
これって実際どうなんでしょうね。
確かに前日から布告して相手に準備させることで奇襲するよりも手ごたえのある戦争をすることができるとは思いますが、問題は「明日の22時に開戦します」と送ったからといって相手も馬鹿正直にその時間にスタートとしてくれるとは限らないということ。
相手がいつ襲ってきてもおかしくないわけですから、前日はこちらは何もできないのにいつ相手が襲ってくるかも分からずずっと待機していないといけない、というのは同盟員にとってどうなんだろうと。
結局今回は急遽決まった戦争だったので周知する時間が無く通常通りの布告になりましたが。

仲秋戦~天下統一
すでにまともな戦争にならない戦力差ではありましたが、だからといって武力統一を一つの目標としてきたのにここで戦争回避というわけにも行かない最後の相手。
まあ大同盟は今まで多かれ少なかれその戦力差で中小を落としてきたわけですから、今さら申し訳なく思う必要も無いのかな。
ここから戦後処理ラッシュになりそうですが、そういう話し合いとか嫌いというか苦手なので頭が痛いです。

大阪戦~現在
褌戦中に配下から反旗を翻した大阪が、盟主変更を使って救出され再度反抗開始。
反旗を翻したとしても自分の同盟だけで戦ってくるなら再度落としてそれで終了で済むところでしたが、残念ながら大阪はいちいち冥府や他の中小などこちらの配下をとにかく解放して回り混乱させることを最優先としているようで。
さすがにそれは繰り返されるとこちらも面倒なので、再発防止のためにももはやバラすしかないということに。
ってことでバラしている最中に私の指示ミスで大阪を救出した親を落としてしまうという大ぽかを。
sarboin落としていい?って聞かれて私はてっきり大阪にいたさーぼいんのことだと思って気軽にOKと言ってしまったんだよ・・・
ってかこれ複(ry
仕方なく翌日私が同盟を抜けて大阪を落としなおし大阪をバラす作業を継続しているところです。
一応ちゃんと攻撃はOKにして親を落とす前と同じ状態にはしてありますがなんて面倒くさい。
私は何もできることがありませんしw

決して遊んでいるわけでも虐殺を楽しんでいるわけでもありません。
そんなことのために砦1300個のボーナス捨てて外に何日もいられません。
30万クエももはや不可能なところまで遠のいてしまったよorz

スポンサーリンク

2012.12.18 | Comments(0) | ネトゲ

今週の人気記事
コメント
    コメントの投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する